TAG

国連環境

海に秘めたブルーカーボンのポテンシャルを解説

ブルーカーボンとは浅海域に生息する海洋植物がCO2を吸収して作り出す有機炭素化合物で、優れたCO2吸収源として注目されています。 この記事では、このブルーカーボンのCO2吸収源としてのポテンシャルについて解説します。 ブルーカーボンとは この記事のテーマはブルーカーボンのポテンシャルですが、先ず始めにブルーカーボンそのものについて解説します。 ブルーカーボンの定義 一般に植物は大気中の二酸化炭素( […]

ブルーカーボンとは?地球温暖化防止に貢献する仕組みと注目を集める理由

ブルーカーボンとは、海洋生物の作用により海洋環境に貯留された炭素のことです。 植物は光合成により二酸化炭素を吸収し、炭素を隔離します。陸上の生物が隔離し貯える炭素をグリーンカーボンと呼ぶのに対し、海の生物の作用により貯えられる炭素をブルーカーボンと呼びます。ブルーカーボンとは、葉などの生態内に貯留される炭素と土壌中に貯留される炭素を含みます。 ブルーカーボンは大気中の二酸化炭素を除去し、長期間貯留 […]