TAG

国連環境計画

ブルーカーボンとグリーンカーボンの比較、多角的な視点から検証します。

陸上生物の作用により隔離・貯留される炭素のことをグリーンカーボン、海洋生物の作用により隔離・貯留される炭素のことをブルーカーボンと呼びます。かつてはグリーンカーボンとブルーカーボンを区別せず、両者ともグリーンカーボンと呼んでいました。二酸化炭素吸収源としての海洋のポテンシャルに期待が高まるにつれ、両者を区別する必要性が生じ、2009年の国連環境計画(UNEP)において、「ブルーカーボン」という言葉 […]

ブルーカーボンを活用するメリットとは?生態系から人間社会まで

海藻などの海洋生物によって取り込まれて、海に貯留される二酸化炭素である「ブルーカーボン」。森林により吸収された二酸化炭素のことを指す「グリーンカーボン」と区別するため、2009年に国連環境計画にて命名されました。では、現時点でブルーカーボンにはどのようなメリットがあるのでしょうか?実際にブルーカーボンを活用することによるメリットを、グリーンカーボンとの差異やメカニズム、身近な例を通して解説します。