TAG

SDGs

ブル—カーボンがSDGsに大きな貢献をしていると言える理由

SDGsとは、持続可能でより良い世界を目指して掲げた17個の目標です。これらは2030年までに達成すべき目標として、2015年の国連サミットで採択されました。 ブル—カーボンとは、海藻などの海洋植物が大気中のCO2を吸収して作り出す有機炭素化合物です。 これを作り出す海洋植物、ブル—カーボン生態系はSDGsの目標14.「海の豊かさを守ろう」と13.「気候変動に具体的な対策を」に大きな貢献をしていま […]

ブルーエコノミーとは何か、その意味、動向、課題を優しく解説

「ブルーエコノミー」とは、持続可能性に配慮した海洋経済活動を意味しています。2012年の国連の持続可能な開発会議の場で、初めてこの言葉が登場して以後、ブルーエコノミーは世界で注目されるようになり、2020年12月、「持続可能な海洋経済の構築に向けたハイレベル・パネル」が最終報告書を発表しました。終りの部分で、ブルーエコノミーの実現に向けた課題を5つ取り上げます。 ブルーエコノミーの意味と、それを巡 […]

ブルーカーボンを活用するメリットとは?生態系から人間社会まで

海藻などの海洋生物によって取り込まれて、海に貯留される二酸化炭素である「ブルーカーボン」。森林により吸収された二酸化炭素のことを指す「グリーンカーボン」と区別するため、2009年に国連環境計画にて命名されました。では、現時点でブルーカーボンにはどのようなメリットがあるのでしょうか?実際にブルーカーボンを活用することによるメリットを、グリーンカーボンとの差異やメカニズム、身近な例を通して解説します。