TAG

地球温暖化対策

カーボンフットプリントとは?CO2を『見える化』することの目的を解説します

カーボンフットプリント(CFP)とは、ある商品やサービスを提供する際に原材料調達から廃棄・リサイクルに至る4つの過程で排出される温室効果ガスの量を、二酸化炭素の重量に換算して表した値です。 CFPの認定を受けた商品には総排出量の数値と各過程での排出量の割合を円グラフで表示したCFPマークが付与されるので、これを商品のパッケージに印刷して消費者に示します。その目的は事業者のCO2排出削減と消費者の低 […]

脱炭素ビジネスの基礎知識や日本における事例を簡単に解説

脱炭素とは、二酸化炭素の排出量と吸収量を等しくさせて、二酸化炭素の排出を実質ゼロに抑えることです。 二酸化炭素は現在、地球温暖化危機をもたらしている温室効果ガスの主成分です。従って脱炭素の実現は、世界全体が真剣に取り組むべき緊急課題となっています。この脱炭素の実現への取り組みは、広範な分野に新たなビジネスチャンスを生み出し、「脱炭素ビジネス」という言葉が生まれています。 本記事では、日本の脱炭素ビ […]

地球温暖化対策で注目を浴びるブルーカーボンとは

地球温暖化対策として世界各国が大気中のCO2排出削減に取り組む中で、ブルーカーボンの高いCO2吸収能力に大きな期待がかけられています。 ブルーカーボンのメリットはCO2の吸収量が大きく、長期間炭素を貯留して再放出しないこと、CO2の吸収と貯留を自然作用として行うことです。 地球温暖化対策にブルーカーボンを活用する取り組みは、国土交通省、福岡市や静岡市、日本製鉄などで行われています。 地球温暖化対策 […]

ブルーカーボンとグリーンカーボンの比較、多角的な視点から検証します。

陸上生物の作用により隔離・貯留される炭素のことをグリーンカーボン、海洋生物の作用により隔離・貯留される炭素のことをブルーカーボンと呼びます。かつてはグリーンカーボンとブルーカーボンを区別せず、両者ともグリーンカーボンと呼んでいました。二酸化炭素吸収源としての海洋のポテンシャルに期待が高まるにつれ、両者を区別する必要性が生じ、2009年の国連環境計画(UNEP)において、「ブルーカーボン」という言葉 […]

ブルーカーボンとは?地球温暖化防止に貢献する仕組みと注目を集める理由

ブルーカーボンとは、海洋生物の作用により海洋環境に貯留された炭素のことです。 植物は光合成により二酸化炭素を吸収し、炭素を隔離します。陸上の生物が隔離し貯える炭素をグリーンカーボンと呼ぶのに対し、海の生物の作用により貯えられる炭素をブルーカーボンと呼びます。ブルーカーボンとは、葉などの生態内に貯留される炭素と土壌中に貯留される炭素を含みます。 ブルーカーボンは大気中の二酸化炭素を除去し、長期間貯留 […]

ブルーカーボンを活用するメリットとは?生態系から人間社会まで

海藻などの海洋生物によって取り込まれて、海に貯留される二酸化炭素である「ブルーカーボン」。森林により吸収された二酸化炭素のことを指す「グリーンカーボン」と区別するため、2009年に国連環境計画にて命名されました。では、現時点でブルーカーボンにはどのようなメリットがあるのでしょうか?実際にブルーカーボンを活用することによるメリットを、グリーンカーボンとの差異やメカニズム、身近な例を通して解説します。