r-lightstuff
AUTHOR

r-lightstuff

脱炭素とは?その意味や必要な理由、実現方法を易しく解説

脱炭素とは、人為起源のCO2排出量と吸収量を等しくさせて、排出を実質ゼロにすることです。 脱炭素が必要な理由は地球温暖化危機を回避するためです。脱炭素を実現する方法には、CO2排出の削減と吸収の促進があります。 脱炭素とは、二酸化炭素の排出と吸収を相殺させること 現在、「脱炭素」という掛け声をよく耳にします。 この脱炭素の意味は人為起源の二酸化炭素(CO2)の排出量と海陸の植物などによる吸収量を等 […]

日本発 海藻の力で世界にイノベーションを。ふえるわかめちゃん®の理研ビタミンが描く、海藻でときめく未来

インタビューの経緯 2050年までに温室効果ガスの排出量と吸収量を均衡させるカーボンニュートラルの実現に向け、ブルーカーボンの重要性は国内外で急速に認知が高まりつつあります。 そんな中、2022年5月に発表された下記の研究発表が大きな反響を呼びました。 ニュースリリース 海藻類のCO2固定能力の試算に成功 ブルーカーボンに関する共同研究成果を発表https://www.rikenvitamin.j […]

奄美大島におけるブルーカーボンの取り組み事例を易しく解説

奄美大島にはブルーカーボン生態系の一種、マングローブが生育しています。このマングローブは、いろいろなブルーカーボン生態系の中で、抜群に高いブルーカーボン生産能力を持っています。奄美大島におけるブルーカーボンの取り組み事例には、マングローブ植林の取り組みと、ホンダワラ藻場再生の取り組みがあります。 ブルーカーボンとは この記事のテーマは奄美大島におけるブルーカーボンの取り組み事例ですが、それを理解す […]

ブルーカーボンの優れた供給源、昆布について易しく解説

ブルーカーボンは海洋植物がCO2を吸収して作り出す有機炭素化合物で、脱炭素を目指す現在、優れたCO2吸収源として注目されています。ブルーカーボンを作り出すブルーカーボン生態系の内でも、昆布の藻場は特に優れたブルーカーボン生産能力を持っています。 ブルーカーボンとは 今、ブルーカーボンというものが優れた二酸化炭素(CO2)の吸収源として、脱炭素を目指す現代社会において注目を集めています。 このブルー […]

ブルーカーボンのCO2吸収量について徹底解説

ブルーカーボンとは海洋植物がCO2を吸収して作る有機炭素化合物で、近年、優れたCO2吸収源として注目されています。ブルーカーボン生態系の年間CO2吸収量の表し方、またある論文に示された年間CO2吸収量の全国推計のデータをご紹介します。 ブルーカーボンの正体、特徴、課題 今、ブルーカーボンというものが、優れた二酸化炭素(CO2)の吸収源として注目を集めています。この記事のメインテーマはブルーカーボン […]

熱海におけるブルーカーボンに関する事業、取組事例を紹介します

熱海の「未来創造部」という会社が、この地にブルーカーボン・プロジェクトを立ち上げました。この会社が設立の際に目標として掲げたのは「未来の子どもたちにきれいで楽しい地球を残したい」ということです。この熱海ブルーカーボン・プロジェクトの具体的な取り組みをご紹介します。 熱海の会社「未来創造部」がブルーカーボン・プロジェクトを立ち上げ 熱海の環境まちづくり会社「株式会社 未来創造部」が、2020年にこの […]

『3つのWIN』で未来の子供たちにきれいな海を残す。ジャパンブルーカーボンプロジェクトの活動インタビュー

当サイトでは日本各地におけるブルーカーボンへの取り組み事例を紹介して参りました。 この度、ブルーカーボンをテーマとしたクラウドファンディングで全国的に注目を集めた、株式会社ジャパンブルーカーボンプロジェクトの加唐巧(かからたくみ)専務取締役にお話を伺うことができました。 ※当サイトと非常に似た社名ですが別団体です 海の森を再生し、未来の子供たちに美しく豊かな海を残したい。そんな想いが込められた同社 […]

横浜ブルーカーボン事業の取り組み事例を徹底解説

横浜市は2011年度に温暖化対策プロジェクトとして「横浜ブルーカーボン」を立ち上げました。このプロジェクトの目的、枠組み、そして具体的な取り組み事例を詳しくご紹介します。 横浜ブルーカーボン事業の目的と枠組み 横浜市は2011年度に温暖化対策プロジェクト「横浜ブルーカーボン」を立ち上げました。先ず、このプロジェクトの目的と基本的な枠組みについて、ご説明します。その後で、このプロジェクトで、どんな取 […]

ブル—カーボンがSDGsに大きな貢献をしていると言える理由

SDGsとは、持続可能でより良い世界を目指して掲げた17個の目標です。これらは2030年までに達成すべき目標として、2015年の国連サミットで採択されました。 ブル—カーボンとは、海藻などの海洋植物が大気中のCO2を吸収して作り出す有機炭素化合物です。 これを作り出す海洋植物、ブル—カーボン生態系はSDGsの目標14.「海の豊かさを守ろう」と13.「気候変動に具体的な対策を」に大きな貢献をしていま […]

先輩から後輩へアマモのたすきを繋ぐ。芦北高校のアマモ場再生への挑戦

当サイトでは、ブルーカーボンの解説記事や日本各地におけるブルーカーボンへの取り組み事例の記事を公開して参りました。 この度、熊本県芦北町でアマモ場の再生に取り組む、熊本県立芦北高等学校 林業科の前島和也教諭(以下、前島先生)にお話を伺うことができました。 本記事では、芦北高校がアマモ場再生活動に携わるようになった経緯や、活動にまつわる様々なエピソードをご紹介いたします。 インタビューからはアマモ場 […]