ウニノミクスが挑戦する『持続可能な磯焼け対策』

いま、日本を含め世界中で『磯焼け』と呼ばれる海の環境問題が発生しています。 磯焼けは『海の砂漠化』とも呼ばれ、主として沿岸海域の浅海において海藻・海草が著しく減少または消失し、海底の岩や石がむき出しになっている状態を指します。 この度、ブルーカーボンにとっても重要な問題である磯焼け問題の解決に取り組むスタートアップ企業『ウニノミクス株式会社』日本事業推進責任者の山本 雄万さんにインタビューの機会を […]

『磯焼け』とブルーカーボンの深い関係

日本のみならず世界中で発生している『磯焼け』。磯焼けとブルーカーボンには深い関係があります。 本記事では磯焼けの現状と原因、磯焼けによって消失する藻場(もば)の重要性とブルーカーボンとの関係性について解説いたします。 磯焼けとは? 磯焼けとは、沿岸の浅海から海藻・海草が著しく消失し、岩や石が露出する現象を指します。 水産庁によると下記のように定義されています。 磯焼けとは、「浅海の岩礁・転石域にお […]

ブル—カーボン活用に向けた自治体の取り組みを徹底解説

ブル—カーボンとは海藻などの海洋植物が大気中のCO2を吸収して作りだす有機炭素化合物です。 現在、優れたCO2吸収源として注目を集めているブルーカーボンのメリットや課題をご紹介します。 ブルーカーボン活用の取り組みは、国、地方自治体、民間企業で行われています。この記事では特に地方自治体による取り組みに注目し、横浜市、福岡市、阪南市による取り組みの内容を詳しくご紹介します。 今、注目のCO2吸収源、 […]

脱炭素ビジネスの基礎知識や日本における事例を簡単に解説

脱炭素とは、二酸化炭素の排出量と吸収量を等しくさせて、二酸化炭素の排出を実質ゼロに抑えることです。 二酸化炭素は現在、地球温暖化危機をもたらしている温室効果ガスの主成分です。従って脱炭素の実現は、世界全体が真剣に取り組むべき緊急課題となっています。この脱炭素の実現への取り組みは、広範な分野に新たなビジネスチャンスを生み出し、「脱炭素ビジネス」という言葉が生まれています。 本記事では、日本の脱炭素ビ […]

カーボンオフセットとは何か?意味、方法、事例をわかりやすく解説

カーボンオフセットとは、自分が行った二酸化炭素の排出を、他の場所で行われるCO2削減活動を利用して埋め合わせることです。カーボンオフセットが必要な理由は地球温暖化対策にあります。オフセットの方法には、CO2削減活動への参加・投資とクレジットの購入の2つがあります。クレジットとは、CO2削減活動で実現した削減量に料金を付けて販売するものです。カーボンオフセットの事例には、ブル—カーボンに関わるものと […]

カーボンニュートラルとは何か、注目される理由、実現方法を徹底解説

カーボンニュートラルとは、人為起源の二酸化炭素の排出量と、大気中の二酸化炭素の吸収量を相殺させることです。今、カーボンニュートラルが注目される理由には、地球温暖化対策と経済性の2つがあります。 地球温暖化の原因となる温室効果ガスの主成分は二酸化炭素です。このため、現在世界の多くの国々が2050年までにカーボンニュートラルを実現することを目指して真剣な取り組みを進めています。また、カーボンニュートラ […]

ブルーカーボンに取り組む日本国内の事例を徹底解説

ブルーカーボンが優れたCO2吸収源として注目される理由は次の3つの特徴を持つからです。 CO2吸収能力が極めて高いこと 長期間、海底に貯留され、大気中にCO2を再放出しないこと CO2の吸収・貯留を自然作用で行うこと ブルーカーボンを活用する取り組みの、日本国内の事例を国、地方自治体、民間に分けてご紹介します。

カーボンニュートラルでブルーカーボンが注目されるわけ

大気中のCO2の排出量と吸収量を等しくして、排出を実質ゼロにするカーボンニュートラルの実現は全世界が目指す課題です。これに向けてブル—カーボン生態系の高いCO2吸収能力が注目を集めています。このブルーカーボンのメリットと課題もご紹介します。 環境省が2050年までにカーボンニュートラルを実現するために策定した戦略についてもご紹介します。 カーボンニュートラルの実現とブルーカーボン カーボンニュート […]

地球温暖化対策で注目を浴びるブルーカーボンとは

地球温暖化対策として世界各国が大気中のCO2排出削減に取り組む中で、ブルーカーボンの高いCO2吸収能力に大きな期待がかけられています。 ブルーカーボンのメリットはCO2の吸収量が大きく、長期間炭素を貯留して再放出しないこと、CO2の吸収と貯留を自然作用として行うことです。 地球温暖化対策にブルーカーボンを活用する取り組みは、国土交通省、福岡市や静岡市、日本製鉄などで行われています。 地球温暖化対策 […]

カーボンリサイクルの注目の担い手!ブルーカーボン

地球温暖化の主犯格、大気中のCO2削減を目指して、CO2を回収して再利用する「カーボンリサイクル」という取り組みが進められています。カーボンリサイクルはCO2を回収して貯留するCCSと回収して再利用するCCUに大別されます。 CCSの主役を務めるのは海底に貯留された炭素「ブルーカーボン」です。これはブルーカーボン生態系と呼ばれる海洋植物が大気中のCO2を吸収して作った有機炭素化合物です。 CCUで […]