CATEGORY

事例紹介

奄美大島におけるブルーカーボンの取り組み事例を易しく解説

奄美大島にはブルーカーボン生態系の一種、マングローブが生育しています。このマングローブは、いろいろなブルーカーボン生態系の中で、抜群に高いブルーカーボン生産能力を持っています。奄美大島におけるブルーカーボンの取り組み事例には、マングローブ植林の取り組みと、ホンダワラ藻場再生の取り組みがあります。 ブルーカーボンとは この記事のテーマは奄美大島におけるブルーカーボンの取り組み事例ですが、それを理解す […]

熱海におけるブルーカーボンに関する事業、取組事例を紹介します

熱海の「未来創造部」という会社が、この地にブルーカーボン・プロジェクトを立ち上げました。この会社が設立の際に目標として掲げたのは「未来の子どもたちにきれいで楽しい地球を残したい」ということです。この熱海ブルーカーボン・プロジェクトの具体的な取り組みをご紹介します。 熱海の会社「未来創造部」がブルーカーボン・プロジェクトを立ち上げ 熱海の環境まちづくり会社「株式会社 未来創造部」が、2020年にこの […]

横浜ブルーカーボン事業の取り組み事例を徹底解説

横浜市は2011年度に温暖化対策プロジェクトとして「横浜ブルーカーボン」を立ち上げました。このプロジェクトの目的、枠組み、そして具体的な取り組み事例を詳しくご紹介します。 横浜ブルーカーボン事業の目的と枠組み 横浜市は2011年度に温暖化対策プロジェクト「横浜ブルーカーボン」を立ち上げました。先ず、このプロジェクトの目的と基本的な枠組みについて、ご説明します。その後で、このプロジェクトで、どんな取 […]

北海道におけるブル—カーボンの取り組み事例を簡単に解説

ブルーカーボンとは、海藻などの海洋植物が大気中のCO2を吸収して作り出す有機炭素化合物です。これを作り出す海洋植物、ブル—カーボン生態系は極めて高いCO2吸収能力を持っています。このため、脱炭素を目指す現代社会において、ブルーカーボンは優れたCO2吸収源として期待を集めており、これを活用するための取り組みも各地で行われています。ここでは、北海道におけるブル—カーボンの取り組み事例を5つ取り上げてご […]

ブル—カーボン活用に向けた自治体の取り組みを徹底解説

ブル—カーボンとは海藻などの海洋植物が大気中のCO2を吸収して作りだす有機炭素化合物です。 現在、優れたCO2吸収源として注目を集めているブルーカーボンのメリットや課題をご紹介します。 ブルーカーボン活用の取り組みは、国、地方自治体、民間企業で行われています。この記事では特に地方自治体による取り組みに注目し、横浜市、福岡市、阪南市による取り組みの内容を詳しくご紹介します。 今、注目のCO2吸収源、 […]

脱炭素ビジネスの基礎知識や日本における事例を簡単に解説

脱炭素とは、二酸化炭素の排出量と吸収量を等しくさせて、二酸化炭素の排出を実質ゼロに抑えることです。 二酸化炭素は現在、地球温暖化危機をもたらしている温室効果ガスの主成分です。従って脱炭素の実現は、世界全体が真剣に取り組むべき緊急課題となっています。この脱炭素の実現への取り組みは、広範な分野に新たなビジネスチャンスを生み出し、「脱炭素ビジネス」という言葉が生まれています。 本記事では、日本の脱炭素ビ […]

ブルーカーボンに取り組む日本国内の事例を徹底解説

ブルーカーボンが優れたCO2吸収源として注目される理由は次の3つの特徴を持つからです。 CO2吸収能力が極めて高いこと 長期間、海底に貯留され、大気中にCO2を再放出しないこと CO2の吸収・貯留を自然作用で行うこと ブルーカーボンを活用する取り組みの、日本国内の事例を国、地方自治体、民間に分けてご紹介します。